医療法人社団 ことり会 グループ

健康寿命を伸ばす方法

健康寿命を伸ばす方法#1

 

◇「入院」は出来るだけ避ける

 

病院で安静にしていたら良くなる、点滴をしていれば良くなる、という考えは思い込みです。特に高齢者は、必要以上を超える入院は逆に危険です。
病院に入院すれば安心だからと、入院して病気は治ったけれど、ボケが始まってしまった。という話しを聞いたことはないでしょうか。

 

一部は「せん妄」になり、それから寝たきりに移行してしまうことが少なくないのです。
「せん妄」とは、意識が混濁して、混乱した言葉遣いや
行動を行うこと
で、年齢が若い人でも起こります。原因は病気や入院、手術などによる環境の変化によって起こると考えられています。

 

「せん妄」になった場合、直ぐ元に戻る人もいれば、なかなか戻らず、戻っても認知能力が下がってしまう人や戻らずに寝たきりに移行してしまう人がいます。

 

自分の居場所がベッドなので、やることもなく横になってしまう。手術後の安静を拡大解釈して全く運動せず・食事は口からでなく点滴だけで過ごす

 

高確率で「サルコペニア」(筋減弱症)になってしまいます。入院中はとくにこの状態になりやすく、「せん妄」の引き金になります。

 

入院時に1日も早く退院したい旨、医師・看護師に伝えておくと早めに退院できることもあるようです。

 

 

(この原稿は健活手帳等から一部を抜粋・加筆して掲載しています)

 

2019.11.25   KEN


健康寿命を伸ばす方法

健康寿命を伸ばす方法#2

 

◇やむを得ず入院となったら、出来るだけ面会に訪れて、日常的な動作をさせる

 

ある程度の規模の病院であれば、手術の前後を含めて、患者の早期回復のためのプログラムを行っています。中には手術後安静にさせたきり、患者に合わせた食事内容でなかったりする意識の薄い病院も残念ながらまだ、存在します。

 

手術後は出来るだけ早く体を動かし口から栄養を摂ること医療関係者の常識となっています。手術と入院は患者にとって非日常。特に大きな手術をして集中治療室に入った場合、麻酔が効いたり部屋がいつも明るかったり医療機器の音が常にしていたりするので、生活のリズムが大きく乱れます

 

出来るだけ、面会に行き患者に刺激を与え続け、本・新聞・雑誌を読んだりテレビを見たり等自宅でしていたことで病院内でもできることを積極的にさせます。日常的な動作を病院でも行うことが運動になり刺激になり、立派なリハビリになります。

 

手術前につけていた眼鏡入れ歯補聴器シェーバー(電動)歯ブラシ等は入院中も必ず携行させます。特に入れ歯は手術時に外したきりだと、口に入らなくなることがよくあります。しっかり食べて栄養を摂る為にも必須の用具です。

 

日常の用具を使わせてあげないと、患者の意識が外界から絶たれる形になり、そこから「せん妄」状態になってしまうことも多々みられます。家族から医師や看護師にリハビリを始めたい旨依頼すると動いてもらいやすいことになるそうです。

 

(この原稿は健活手帳等から一部を抜粋・加筆して掲載しています)

 

 

2019.12.09   KEN

 


健康寿命を伸ばす方法

健康寿命を伸ばす方法#3

 

「フレイル」の兆候を早期発見

 

健康な状態から即、寝たきり(要介護状態)になるわけではなく、「フレイル」という段階を経ると考えられています。「フレイル」とは”虚弱”を意味する英語由来の用語です。
加齢により体の環境を快適な一定の状態 に保つ働き(恒常性維持機構)が低下した為、ストレス(外的刺激)への抵抗力がり、寝たきり等になりやすい状態と定義されています。

 

75歳以上の後期高齢者には、入院・手術だけではなく肺炎や骨折なども大きなストレスとなり、寝たきりへのきっかけとなります。フレイルの兆候を早く発見し対策をとれば、寝たきりを防ぐことは可能です。「フレイル」の兆候を早期発見するチェック方法が開発されています。

 

簡単フレイルチェック

 

□6ヶ月間で2〜3`体重が減った

 

□以前に比べて歩く速度が遅くなってきたと思う

 

□ここ2週間わけもなく疲れたような感じがする

 

□5分前のことが思い出せない

 

□ウォーキングなどの運動を週に2回以下

 

 「はい」は1点 「いいえ」を0点

 

※ 3点以上フレイル  1〜2点フレイル予備群

 

(Yamada M & Arai H JAMDA 2015)

 

フレイルには、身体的、精神心理的、社会的なフレイルがありますが、中心となる要因は身体的フレイルです、中でもサルコペニア(筋減弱症)か否かどうかをチェックすることが重要です。

 

サルコペニアを予防するためには、「運動」「栄養」「社会参加」3つの要素を満たすことで予防できると考えられています。

 

同居していない人におすすめなのが、親と一緒の「家族旅行」です。旅行に出れば運動にもなるし、食の細い人でも家族と一緒で環境も変わったことですんなりと食べられたりするようになります。
また、出かけた先で家族以外の人と必ず接点を持ちますので社会参加もしていることとなります。家族旅行が無理の場合は「外食」もいい効果が期待できます。

 

高齢の親の為を思って「運動した方がいい」「食べて」と言っても同居家族の言うことは聞かない場合は、お孫さん・同居していない兄弟姉妹に代りに言ってもらうと効果がでることもあります。

 

 

 

(この原稿は健活手帳等から一部を抜粋・加筆して掲載しています)

 

 

 

2019.12.27   KEN


健康寿命を伸ばす方法

健康寿命を伸ばす方法#4

 

◇「肥満」はいくつまで気にすればいい?

 

高齢者の場合、注意した方がいいのがロコモティブシンドローム(ロコモ)です。筋肉や関節、骨などの運動器の障害のために、移動がしにくくなった状態のことを言います。高齢者になると、「ロコモ肥満」「やせロコモ」のどちらかになる人が多くなります。

 

高齢者は痩せている人より太った人の方が筋肉量が多く、骨が丈夫なことが多いです。しかし体重が重い分、膝や腰を痛めて、運動から遠ざかり結果、筋肉が減り「ロコモ肥満」になるのです。反対にやせている高齢者は、運動は太っている人より足りているが、栄養不足のことが多く。そのため筋肉が細っていき、骨も弱い「やせロコモ」となるのです。

 

膝、腰、骨粗しょう症などの疾患を治療しつつ、それぞれにあった運動と栄養補給で筋肉量を増やすことが大切です。ロコモ肥満は筋トレ・全身運動・有酸素運動。やせロコモは筋トレのみ行うが運動後にしっかり食べ栄養補給することが大切です。やせている人のほうが運動後の食事が十分でないと、ロコモ悪化→サルコペニア(筋減弱症)が進行してしまいます。

 

親に運動を促す場合に効果的な勧め方は、「目標○○○歩」と言うより昨日までより少しだけプラスしたあと500歩プラス……あと5分多く……と勧めるのがいいようです。

 

 

(この原稿は健活手帳等から一部を抜粋・加筆して掲載しています)

 

ロコモティブシンドローム(ロコモ)とは

 

・骨量の低下…………□ 骨粗鬆症
・椎間板の低下………□ 腰部脊柱管狭窄症
・関節軟骨……………□ 変形性膝関節症 になると⇒⇒⇒歩行障害(運動器不安定症)が進むと⇒⇒⇒立ち上がれない・歩けない(要支援・要介護)

 

2020.01.08   KEN


健康寿命を伸ばす方法

健康寿命を伸ばす方法#5

 

◇年をとったら肉を食べる!「タンパク質」を摂ってサルコペニアを回避!

 

高齢者は基礎代謝能力が落ちているので、若い時より多くタンパク質を摂る必要があります。肉が苦手な人なら、でもでも乳製品でも大豆でも好みに合ったものを、いつもより1品多く食べるように心掛けましょう。

 

成人は一日に体重1キロにつき0.8〜1グラムのところを、高齢者1〜1.2グラムタンパク質を摂る必要があります。60キロの成人48〜60グラムのところを、高齢者60〜72グラムタンパク質を摂ることを目標とされます。(※腎不全で透析していない人は要医師相談のこと

 

タンパク質の中でも、BCAA(分岐鎖アミノ酸=バリン、ロイシン、イソロイシン)、とくにロイシン筋肉づくりに効果的と言うことがわかってきています。しかし、バランスのとれたよい食事が大切特定の栄養素のみでは良質な筋肉は作られません。

 

さらに、口から噛んで食べることは、栄養摂取と言う意味だけでなく、飲み込みの筋肉を使う運動にもなります。誤嚥性肺炎を防ぐ訓練の意味でも、しっかり噛んで食べることが重要です。

 

最近の研究によって、誤嚥性肺炎が起きるメカニズム低栄養があることがわかってきました。手術などで一時期絶食していると、飲み込みの筋力の低下を起こし、誤嚥性肺炎が起こることがあるのはこのためです。肺炎も寝たきりきっかけとなりますので、口を動かすことと栄養を摂ることは必ず一緒であることを理解しましょう。

 

(この原稿は健活手帳等から一部を抜粋・加筆して掲載しています)

 

サルコペニア………筋肉量が減り、筋力や身体機能が低下した状態(筋減弱症)で行き着く先が”寝たきり”となります。
サルコペニア肥満肥満の人で筋肉が衰えて脂肪ばかりがついている状態。対して、やせのサルコペニアもあります。運動だけでは筋肉がつかずさらにやせてしまう…の悪循環で行き着く先が”寝たきり”となります。

 

 

 

 

2020.01.15   KEN


健康寿命を伸ばす方法

健康寿命を伸ばす方法#6

 

◇補聴器を活用して積極的に社会参加

 

寝たきりになる前段階『フレイル』を予防するためには、@ 運動 A 栄養 B 社会参加 の3つが不可欠です。社会参加は外に出たときに人と会話をすることから始まるわけですから、耳が遠いと都合が悪い状況となります。加齢性難聴は60歳くらいから始まり、80歳で80%の人が該当します。文字通り加齢が原因で起こる機能の低下で、治療法はありません。

 

そこで、補聴器を利用する対処療法となります。加齢性難聴はゆっくりと進み、本人が聞こえない状態が普通になっている為、本人に合うように調整した補聴器でも、最初はうるさく感じることが多いようです。販売店側もそこを考慮して、2週間くらいのお試し期間を設けているところがみうけられます。近年の補聴器は非常に小型化され、さらにコンピューター制御する精密機器です。その為、機械の扱いに不慣れな高齢者は煩わしさと高価なため敬遠しがちですが、認知機能の維持の為に必要なものです。

 

また、家族など周囲の働き掛け重要です。テレビの音がやたらと大きかったり、話しかけても何度も聞き返されたりするので、家族がまず気が付き指摘します。本人はある程度聞こえていることもあり、恥ずかしさもあって聞こえが悪いことをすぐ認めたがりません。たとえば、「テレビを一緒に見たいから頑張ろうね」「演劇を一緒に見に行きたいから、補聴器に慣れよう」などのように聞こえると楽しいことが待っていると思ってもらえるよう誘導するのも重要です。

 

(この原稿は健活手帳等から一部を抜粋・加筆して掲載しています)

 

 

 

2020.01.17   KEN


サイトマップ


ごあいさつ 当院のコンセプト 法人の概要 よくあるご質問。