医療法人社団 ことり会 グループ

ブログ

ブログ記事一覧

カラダが喜ぶ「ビタミンC」

【ビタミンC】#1加齢とともにシワ、乾燥肌、関節痛が生じやすく。これ等に関わるのは何でしょう?@コラーゲンAコカコーラBコサックダンス(答え)@コラーゲンタンパク質の一種であるコラーゲンが不足すると、シワ、乾燥肌、関節痛が生じやすくなります。肉や魚、大豆などのタンパク質を食べると、分解されたアミノ酸...

≫続きを読む

ビタミンEで脂肪肝予防

【ビタミンE】#1春の花見や歓送迎会でつい酒量が多くなりがちな季節になりました。こういう時注目したいのが「ビタミンE」です。ビタミンEは強力な抗酸化作用を持っていることが知られています。普段から肉類をたくさん食べるなど、偏った食生活の人は野菜などに多く含まれるビタミンEが足りない状態です。そこに多量...

≫続きを読む

飲み会 カラダにやさしい飲み方

【カラダにやさしい飲み方】#11.呑む前に「牛乳」「飲むヨーグルト」「チーズ」飲む前にコンビニなどに寄って少しだけ食べ物を食べておき、胃に何もない状態にしないのがベストです。尚、この時にぜひ摂っておくべきなのが「タンパク質」と「脂肪分」です。アルコールを体内で分解する際にタンパク質が必要とされるので...

≫続きを読む

糖尿病のリスクを減らす新常識

【β-カロテン】#1体内に吸収されたあとにビタミンAに変わる栄養素がβ(ベータ)-カロテンです。糖尿病になるとβ(ベータ)-カロテンの血中濃度が低くなるとの研究が発表されています。(メカニズムはまだ解明されていません。)β(ベータ)-カロテンは体内の酸化(=錆のようなもの)を抑制する作用があります。...

≫続きを読む

骨を丈夫にする

【ビタミンD】#1元気で長生きをするには、足腰がしっかりしていることが、第一です。それを難しくする一つが、骨粗鬆症(こつそしょうしょう)です。骨密度の減少で骨がもろくなり、転倒骨折や圧迫骨折を起こしやすくなり、寝たきり状態につながります。骨をそうならないように丈夫にするには、カルシウムが不可欠です。...

≫続きを読む

心筋梗塞や脳卒中の予防にEPA DHA

【EPA DHA】#1最近、サバ缶が"とにかく良い"ように報じられ大人気になっていますが、食事にサバ缶を取り入れても、それだけでは、足りない成分が十分に補われているとはいえません。また、特定の病気(心筋梗塞)に罹っている人以外は効果がないとの研究報告があります。しかし、それでもなおサバ缶が注目されて...

≫続きを読む

カラダに良い油のはなし

【カラダに良い油】#1食用油は三大栄養素(タンパク質・炭水化物・脂質)の1つ、脂質の仲間です。ひと昔前まで「太る」「体に悪い」と思われてきた油ですが、その認識が180度変わってきています。油は、ダイエットには、大敵とされ、一切摂らないという方もいたりしますが、それは、全くの逆で、ダイエットには、良質...

≫続きを読む

骨密度対策にレバニラ炒め

ビタミンの一種である「葉酸」が骨粗鬆症に関わることが近年解明されてます。骨粗鬆症は「骨強度」が低下する病気です。骨強度が弱くなることで、転倒骨折をおこし易くなります。また、糖尿病で血糖値が高い状態が続くと骨質が悪くなることはあまり知られていないことです。糖尿病で骨密度が低い人は葉酸値が低いことが研究...

≫続きを読む

MCT オイルの効果に期待

ココナッツオイルが最近、評判になっています。ココナッツオイルには、直ぐにエネルギーになり体脂肪になりにくい、中鎖脂肪酸(MCT)が多く含まれている為、体に良いとされているからのようです。ただし、カラダに良いからと言って、大量に摂るのはダメです。LDL(悪玉)コレステロールを増やす、長鎖脂肪酸がそれな...

≫続きを読む

塩分過多、ツユは残す!

塩分過多!ツユは残す。◎小皿に入れる、しょうゆの量が多い◎ざるうどん・そばのつけ汁を飲み干す◎煮込み・おでんのつゆを飲み干す◎串カツをソースにたっぷりとくぐらす◎餃子のタレをタップリと浸み込ます以上は悪い悪い習慣です。絶対にやめましょう。つまみになる材料は塩分量が比較的多くなりがちです。酔った勢いで...

≫続きを読む

糖尿病

野菜から食べるより肉や卵から食べる。#17大生活習慣病のうちの一つ、「糖尿病」は3大疾病の「心筋梗塞」「脳卒中」の発症リスクを高める病です。その最大の原因は食べ過ぎと言われてきましたが、近年、別の要因が研究により明らかになっています。糖尿病についておさらいしてみましょう。糖尿病にはいくつかのタイプが...

≫続きを読む

寿命が延びる栄養&成分(スルフォラフォン)

スルフォラフォン #1既に脂肪肝と診断された方に、朗報です。ブロッコリーや特に新芽のブロッコリースプラウトに多く含まれる※ファイトケミカル(植物中に含まれる化合物)の一種「スルフォラファン」を毎日摂取することで、脂肪肝を改善する可能性が高いことが研究でわかってきました。肝機能マーカー(ASL、ALT...

≫続きを読む

サイトマップ


ごあいさつ 当院のコンセプト 法人の概要 よくあるご質問。